何を言い出すのかと思ったら

 何を言い出すのかと思ったら、誰でもが思いつく作り話じゃないか。そんな話、誰も信じる事はない。だが月明かりのない今夜みたいな闇夜には面白い話かもしれない。下田の突拍子もない話は人の心に深く刻まれ、何でもない事を妙に恐がったりするに違いない。「おい、怪談でもしようか」

 下田は今の雰囲気を更なるものとする気だろう。だが下田が言う怪談は好きになれないものだ。怪談は現実の世界を語っている訳ではない。聞く人が怖がるよう、ちょっとした現象を頭の中で捻り、作り上げた話に決まっている。どうせなら、この世で起こった奇妙で難解な事実を話してもらいたい。

 それなのに下田の言葉を後押しする吉岡の声が響く。「それ良いね。こんな不気味な日には最高のハプニングだ」何がハプニングなのか知らないが、軽い口調で話す吉岡の声は私の脳細胞に突き刺さり刺激する。怪談などあまりにも馬鹿げている、誰かが創造した世界でありウソの世界だ。

 本当に自分が体験した事実では有り得ない。私の想いに気付くはずもなく、怪談をしようと言い出した下田が私を指名する。「おい、フジ。お前、怪談好きだろ。昔から霊の姿が見えると言ってるじゃないか」…いや、そんな気になれないに続く。

その他、生活応援情報ページ


 事前の対策が重要です。いずれにしてもこのようなペナルティを受けることは検索エンジンにアクセスを頼る人にとって大打撃ですので、事前にこのような状態に陥らないよう対策をとることが重要です。その為にはどうすれば良いか? この答え、実はグーグルのサイト内に明記されています。暇なときに勉強がてら探してみるの面白いでしょう。

 さて、せっかくですので話題を変えましょう。グーグルロボットには2種類ほど違う性格をもつクローラーが居るのではないかと推測しています。一つ目は新しい話題を探す役目を持つロボットで、ブログに記事を書き込み、PINGを正常に打てば、全てのブログを訪問します。

 その結果、新しい話題があれば全て記憶します。そしてその記憶を頼りに二つ目のロボットが再びブログを訪れます。そしてその内容を詳細に分析します。その結果、正常にリンクが張られたサイトがあればそのサイトへの投票があったと判断します。

日焼け止め-対策|イメージ画像